★★★ 楽天家電ランキング 本日の1位はこちら! ★★★

象印EE-DC50の口コミ評判や電気代は?音がうるさいのかも調査!

象印加湿器EE-DC50

象印スチーム式加湿器EE-DC50の口コミ評判をご紹介します。
使用した時の電気代や作動音がうるさいのかも調べました。

EE-DC50は、沸とうさせた清潔な蒸気を、約65℃まで冷まして加湿する「スチーム式加湿器」です。
また、フィルター不要で、お手入れがすごく楽というのもこの象印の加湿器の魅力の一つですね。

実際に使っている方からは、

  • めんどうな掃除もなくて楽チン♪
  • 操作もカンタンで分かりやすい!
  • 加湿量がすごいので、肌の乾燥へのストレスも少なくなった。

など高評価な口コミが多数ありました。

本文では、象印EE-DC50の口コミ評判、電気代や作動音はどうなのかをまとめています。
ぜひチェックしてみてくださいね。

「EE-DC50」よりコンパクトサイズの「EE-RR50」は、ふるさと納税の返戻品にもなっているので後半でご紹介しています。

 

▼ 先に商品を確認したい方はボタンをクリック

スポンサーリンク

象印加湿器EE-DC50の口コミ評判

実際にEE-DC50を使った方の口コミをまとめました。

EE-DC50の悪い口コミやデメリット

  • 電気代が気になる。
  • 作動音が大きい。

EE-DC50は、一旦お湯を沸かすというスチーム式の加湿器なので、湯沸かし立ち上げ時に985Wも電力を消費します。

フィルター式と比べると、電気代は高くなってしまいますね(電気代はこちらで調べています)

給水時に水ではなく少し温めたお湯にして加熱の時間を短くしたり、温かい水蒸気が出てくるので、エアコンの設定温度を2℃ほど下げているという声もありました。

ただ、象印の加湿器の衛星的な面と、メンテナンスの事を考えると許容範囲かなと思います。

作動音が大きいという口コミもありましたが、作動音については、このあとの項目でまとめていますのでご覧ください。

EE-DC50の良い口コミ

良い口コミは項目に分けてご紹介します。

使い方・お手入れが簡単

  • 広口容器で給水しやすい。
  • 操作ボタンが分かりやすい。
  • フィルターが不要でお手入れが楽。
  • メンテナンスが楽で大容量でフィルターレスなのはこれしかない!

清潔な蒸気

  • 雑菌が気になったので気化式の加湿器からスチーム式に替えた。
  • 一度沸騰させてから清潔な状態で冷ました水蒸気が出るので、カビの心配が少ない。

加湿力が高い

  • 肌の乾燥や喉の痛みのストレスがなくなった。
  • しっかり加湿してくれて喉の痛みが楽になった。
  • 加湿力半端ない!部屋の空気がしっとりしているのが分かる。

口コミでは、この「簡単・清潔・加湿力」の3つのメリットの事を良いという声が一番多かったです。

他にも、前の加湿器はフィルター掃除が面倒だったのに比べ、この象印EE-DC50はフィルターもなくすごく快適に使えて先日2台目を購入しました!という声も。

乾燥の季節になると毎日の事になるので、お手入れが簡単なのはいいですね。

加湿器ランキング【楽天】も上位に入っている人気商品です。

 

さらに他の人の口コミを見たい方はこちらからも見れます ▼
CHECK!>>象印加湿器EE-DC50の口コミ【楽天】 

象印加湿器EE-DC50の音はうるさい?

EE-DC50の音についてはどうなのか、口コミからまとめました。

  • 湧き上がるまでの音が結構大きい。
  • 日中はそうでもないが、寝る時は気になる。
  • パワフルだけど音はそんなに気にならない。
  • 食洗機や他にも何らかの音はしてるので、普段は気にならない。

音がそんなに気にならないという方もいましたが、「音が大きい・うるさい」という口コミもちらほら見つけました。

静かな環境でないと寝れないという方は気になるかもしれません。
気になる方は、「寝ている場所から少し離す」「切りタイマーにして寝る」という工夫をされていました。

EE-DC50は、お湯を沸かしてから少し冷ましてスチームするタイプです。
電気ケトルでも、お湯を沸かす音は大きいですよね。
沸かす時の音については、ある程度仕方がないかなと思います。

沸とう音を軽減する「湯沸かし音セーブモード」があるので、気になる方は使ってみてくださいね。

「音はまあまあ大きめだが、手入れのしやすさはピカイチ」「音はするけど、掃除とかの手間を引き換えにと思えば全然良い」など、音が大きいというデメリットより、お手入れがしやすいなどのメリットの口コミの方が多かったです。

象印加湿器EE-DC50の電気代は?

電気

象印加湿器EE-DC50の電気代を調べました。

消費電力は、

  • 湯沸かし立ち上げ時:985W
  • 加湿時:410W

加湿時の410Wで計算すると(※27円/kWhで計算しています)

1時間あたり:約11.1円
1日あたり(8時間):約88.8円
1ヶ月あたり(30日):約2,664円

1日8時間の使用で計算していますが、1日中フル稼働となると、もっと高くなりますね。

実際に使用している方の中には水ではなく、ぬるま湯にして加熱時間を減らしているという声もありました。

象印加湿器EE-DC50の特徴

象印加湿器EE-DC50の特徴をご紹介します。

沸とうさせた清潔な蒸気で加湿

※画像クリックで楽天市場に飛びます。

沸とうさせた清潔な蒸気を、約65℃まで冷まして部屋を加湿します。
約65℃の蒸気なので、部屋も少し暖まりますね。

口コミでも、沸とう音が大きいという声がありましたが、沸とう音を軽減する「湯沸かし音セーブモード」があるので、気になる方は使ってみてくださいね。

お手入れが簡単

※画像クリックで楽天市場に飛びます。

EE-DC50は、ポットと同じ構造のため、フィルターがありません
面倒なフィルター掃除や交換をしなくていいので楽ですね。

また、フッ素加工の広口容器でお手入れが簡単です。

長時間加湿・タイマー付き

タンクの容量が4.0Lと大容量のため、長時間の加湿が可能です。
寝る時にタンクをいっぱいにしておけば、朝まで加湿してくれます。

入、切タイマーもあるので、睡眠時間に合わせて設定もできますよ。

  • 入タイマー:4・6・8時間
  • 切タイマー:1・2・4時間

センサーが湿度を自動コントロール

 ※画像クリックで楽天市場に飛びます。

「湿度センサー」「室温センサー」というセンサーで、快適な湿度を自動でコントロールしてくれます。
湿度は「しっかり」「標準」「ひかえめ」の3段階から選択できます。

湿度モニターで、低湿・適湿・高湿とランプで確認できるので、部屋の加湿状態が一目でわかりますよ。

3つの安心設計

  • チャイルドロック
  • ふた開閉ロック
  • 転倒湯もれ防止構造

子供が触ったり転倒させたりしても安心な設計になっています。

 

▼ 清潔な蒸気で加湿したいなら象印EE-DC50

象印加湿器EE-RR50は「ふるさと納税」返礼品にも

型番は違いますが、同じ日に発売された「EE-RR50」は、ふるさと納税の返礼品にもなっています。
同じスチーム式の加湿器です。

 

「EE-RR50」は、これまで紹介している「EE-DC50」よりコンパクトサイズで連続加湿時間も少なくなりますが、大容量は必要ない!広い部屋で使わない!という方にはふるさと納税で購入するという手もありますよ。

ふるさと納税なら、実質2000円でEE-RR50が手に入りますね。

>>ふるさと納税について詳しくはこちら

象印加湿器EE-DC50のサイズや重さ

サイズ 高さ36.5×幅24×奥行27.5cm
重さ 2.9kg
タンク容量 4.0L
適用畳数 木造 8畳/鉄筋 13畳
連続加湿時間 (強)8時間/(中)16時間/(弱)32時間
カラー ホワイト・グレー

象印加湿器EE-DC50はこんな方におすすめ

  • 小さい子供がいて、どうしても衛生面が気になる方。
  • フィルターなどのお手入れ、交換がめんどくさいと思っている方。
  • 目が覚めたら部屋が乾燥していて喉が痛い!

象印加湿器EE-DC50の口コミ評判のまとめ

象印加湿器EE-DC50の口コミ評判などをご紹介しました。

口コミを見ていて数多く目に入ったのは、お手入れが簡単で衛生的というところですね♪

EE-DC50は、お手入れの面倒なフィルターもなければ、容器もほぼポットの構造と一緒です。
広口容器で給水・掃除もパッと終わっちゃうので、ビックリするくらい簡単!!

ただ、電気代は、フィルターを使用する気化式などに比べると高いですが、毎日楽に使えて、メンテナンスも楽にできる、フィルターの交換もしなくていい、すっごく衛生的!というメリットを考えると許容範囲ではないでしょうか?

冬のシーズンなど、日々の乾燥で肌はカサカサになるし、目が覚めたら喉も乾燥して痛い!などの心配も加湿力がすごいEE-DC50ならストレスなく快適に過ごせますね。

 

▼ 清潔な蒸気で加湿!お手入れが楽で大容量なEE-DC50

 

▼ EE-DC50よりコンパクト!広い部屋で使わないならEE-DC35

タイトルとURLをコピーしました